FC2ブログ

Kuehn Style Part2

クラシックのコンサート、ネットラジオなどの感想と、子供たちの成長日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンサート終了

昨日極寒、かつ強風吹きすさぶ中ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。天候の問題もあり集客的にはいつもより500人ほど少ない感じでしたが、オランダ人の出港がちょいとコケてた以外、演奏は良かったのではないかと思います。

私はもう何年振りかわからない全曲乗りでしたが、何とか体力は持ちました。多分もう一度通せ、と言われても吹けるくらい、脱力が出来ていたと思います。前回に引き続き2回連続満足のいく本番を過ごせましたが、不惑を迎え、ようやく楽器の吹き方が分かってきた気がします。昨日くらい軽く吹いた方がホールで鳴るということも分かりました。

オーケストラ全体としても、アルト独唱を迎えたヴェーゼンドンクリーダー、私がトップを吹かせていただいたブラームス(シェーンベルク編)で、集中力の高いアンサンブルを見せることができ、やっと大人のオケに一段階進化したのではないか、と感じてます。あとはリハで出来ていた本当のpが作れるようになれば本物ですね。

307494_10151412118444931_722635358_n
終演直後、井崎先生と一緒に。ありがとうございました。

ちなみに個人的に傷は3か所。1楽章再現部のかなり難度の高いハウプトシュティメの部分(これはお客様には気付かれないかも)、2楽章繰り返し後のやはりハウプトシュティメのかっこいい部分でHi-Esがかなり良い音で鳴った後、一瞬指が分からなくなった部分(これは完全にばれてますね^^)、その直後、衝撃のあまり「あ゛-----」と思っているうちに1小節吹くの忘れた(すんません、がこれもお客様には気づかれていないと思われ)部分。

IMG_0557
打ち上げでの差し入れ。どうやら近所にマニアックな酒屋があるらしい。

次回はおそらくニュー楽器で臨むことになりますが、まずは託児の目処をつけなくては。あと、次回は8人必要で団員だけでは賄いきれません。特に下吹きが不足すると思われるので、今後声をかけられた方は、是非快くOKしていただきたいと思います(笑)。そうでないと、フルトリプルで下を吹く、という奇妙な光景をお披露目してしまうかもしれないので。

IMG_0559
昨日の差し入れ。バニラっち、いつも美味しいお菓子ありがとう!!

今更ですか今年もよろしくお願いします。

全く更新してませんでしたが生きてます。今年もよろしくお願いします。

まずはクリスマス。札幌のじいちゃんばあちゃんからロイスのチョコレートの家(組み立て式)が送られてきました。

IMG_0206IMG_0211IMG_0215IMG_7458IMG_7456

次にクリスマス。私のオケの練習が築地であったため、場外で昼食。

IMG_0223IMG_0226IMG_0229IMG_0239IMG_0240IMG_0242

魚を見学。

IMG_0248IMG_0246IMG_0247

家でクリスマスケーキ作って食べました。

IMG_0250IMG_0254IMG_0259

年末年始は札幌と帯広。まずは今話題の787で札幌へ。他の便が遅れている中、定刻出発でスペックの高さがうかがえました。

IMG_0275IMG_0276

次の日はそり遊び。

IMG_0285IMG_0286IMG_0287


あかねそり動画

IMG_0289IMG_0294IMG_0298IMG_0313IMG_0321IMG_0323

雪合戦もしました。

IMG_0331IMG_0333IMG_0337

誰かが作ったかまくらに入る子供たち。

IMG_0340IMG_0342IMG_0304

大みそかは従兄弟と一緒。

IMG_0347IMG_0350

IMG_0354IMG_0353IMG_0357

カニ食いました。日本酒旨かったです。

IMG_0359IMG_0362

IMG_0366IMG_0368

元旦は丸山動物園へ。

IMG_0381IMG_0371IMG_0372

2日の夜は大学オケの集まり。

IMG_0384IMG_0382IMG_0387IMG_0389IMG_0391

で、3日に帯広に移動。

SANY0004

4日はワカサギ釣りに。

IMG_0394IMG_0395IMG_0397IMG_0396IMG_0399IMG_7706IMG_0401IMG_0404SANY0010IMG_0405IMG_0408SANY0016SANY0019SANY0020IMG_7711SANY0021IMG_0415SANY0027SANY0029IMG_0416IMG_0417IMG_0418SANY0033

5日はスキー場に。子供たちはそり中心。私はスキーで体力の衰えを如実に感じました。

IMG_0420IMG_7725IMG_7742SANY0037SANY0042SANY0046IMG_7743IMG_0427IMG_0429


従兄弟たちとそり爆走動画。

5日の夜に東京に戻りました。気温差20度以上。

IMG_7764IMG_0438IMG_0439IMG_0445IMG_0447

私が帰った後の様子。

IMG_7774IMG_7779IMG_7728SANY0004 (2)

先週末は東京駅にノンタンに会いに行きましたが、でかすぎて茜号泣。

IMG_7878408475_244678302332447_1281704051_n

で、成人の日、雪だるま作って遊びました。

DSC00236DSC00234DSC00238397592_245542862245991_1736849544_n

そんな感じで暮してます。今年も家族ともどもよろしくお願いします。

最近のネットラジオほか


さて、茜も3歳になりましたが、

IMG_7204IMG_7195IMG_7203
最近は3輪自転車でお出かけしては、ネコさんと遊んだり、池の鯉を見たりといろんなものに興味津々です。

IMG_0119IMG_0121
そういえば久しぶりに上海出張に行きました。初めて観光らしいことをしました。上海蟹といわゆるS級ショップ。

IMG_01232012-11-25 19.40.21
土産のロクシタンは本物ですが。。。何はともあれ時計ほしかったんだよね。

IMG_0126IMG_0076
この連休で大掃除もしちゃいました。ワックスリムーブ&再ワックス。リビングの照明もシーリングファンつきのものに交換。

まずは、統廃合で無くなるという話の南西ドイツ響のオンデマンド。ここにあります。今聴けるものをピックアップ。

Mami Hagiwara (Klavier), Leitung: François-Xavier Roth,
Maurice Ravel: Klavierkonzert G-Dur,
Gustav Mahler: Sinfonie Nr. 5
(Konzert vom 16. Februar Tokyo, Suntory Hall)

フランソワ・クサヴィエ・ロトのマーラー5番。なんとサントリーホールでの演奏です。

SWR Sinfonieorchester Baden-Baden und Freiburg, Kirill Gerstein (Klavier), Leitung: François-Xavier Roth,
Richard Strauss: "Till Eulenspiegels lustige Streiche",
Maurice Ravel: Konzert für Klavier linke Hand und Orchester D-Dur,
Igor Strawinsky: "Petruschka", Burleske in 4 Szenen - Fassung von 1947,
(Konzert vom 24. Juni im Konzerthaus Freiburg)

ロトの演奏はこちらがお勧めかと。

SWR Sinfonieorchester Baden-Baden und Freiburg, Elisabeth Kulman (Mezzosopran), Leitung: Michael Gielen,
Arnold Schönberg: Thema und Variationen op. 43 b,
Gustav Mahler: 5 Rückert-Lieder,
Johannes Brahms: Sinfonie Nr. 3 F-Dur op.90
(Konzert vom 24. Mai im Konzerthaus Freiburg)

こちらはギーレンのリュッケルトリーダー&ブラームス3番。

NL Radio4のオンデマンドではこちらでマゼールのチャイコフスキーの4番が聴けます。ちょうどNHK音楽祭の直後のコンセルトヘボウでの演奏です。

Koninklijk Concertgebouw Orkest o.l.v. Lorin Maazel:
Van Anrooy – Piet Hein Rapsodie;
Prokofjev – delen uit Romeo en Julia;
Tsjaikovski – Symfonie nr.4.
Opname van 07-11; AVRO

1曲目のアンルーイ作曲のピート・ハイン・ラプソディがなかなか密かな佳曲。

その他良かったもの。オンデマンドは無いか、もう終わっているかと思われます。

YLE(フィンランド放送)より
J.S.バッハ:カンタータ第82番「われは満ちたれり」
ブルックナー:交響曲第5番
ブロムシュテット指揮フィンランド放送交響楽団 2007年1月12日ヘルシンキ聖ヨハネ教会

フィンランド放送は音質が良いので非常に好きです。ブロムシュテットの数あるブルックナーの5番の中でも名演の部類かと思います。

BR-Klassik(バイエルン放送)より
ハイドン:交響曲第91番変ホ長調
シベリウス:ルオンノタール(大気の乙女)op.70
リゲティ:マカーブルの秘密~歌劇「ル・グラン・マカーブル」からの3つのアリア
シューマン:交響曲第2番
ラトル指揮バイエルン放送交響楽団 2012年11月2日ヘラクレスザール

こちらはラトルがバイエルン放送響に客演した演奏会。ハイドン、シューマンとシベリウス、リゲティの落差が凄いのに何だか妙にまとまっているよいプログラムだと思いました。

ブラームス(シェーンベルク編)ピアノ四重奏第1番聴き比べ

11/17追記。また増えちまいました。恐るべしネットラジオ。ついでに子供たちの誕生日&ハロウィンの様子もご紹介。

IMG_6797IMG_6802IMG_6805
誕生日プレゼントは図鑑!一気に全種類揃えました。で、ろうそくを自分で立てます。

IMG_6808IMG_6811
おめでとう!茜、最近「はいチーズ」言うと顔作りすぎで困ります。

IMG_6939IMG_6943IMG_0055
ハロウィン、ヒロキ男爵の出勤。

IMG_6954IMG_6940
茜もなんか変身

IMG_0066IMG_0064IMG_6972IMG_6980
保育園のハロウィンパーティー。お店屋さんごっこをして、年長さんはお店番の謝礼に給料をもらい、遊ぶ、というスタイル。みんな一生懸命売り子してました。

IMG_7027 - コピー
家族で記念撮影。

IMG_0095IMG_7101IMG_7098IMG_0092IMG_0100IMG_7109
茜の七五三!

==================(とりあえずここまで11/17追記)====================

次回のFオケの曲の聴き比べコーナー。最近沢山CD持ってる曲ばかり続き、ちとマンネリ気味の当コーナー。

取り敢えず場所取りだけ。聴いたら感想書きます。多分。

ところで先日のコンサート、打ち上げ会場から子供を連れて早々に帰ろうとしたところ、先生に、音色の要求によく応えてくれた、的なことを言っていただき嬉しかったです。子供が行方不明未遂状態であまりちゃんと返事ができなく申し訳なかったのですが、音源沢山聴いて引き出しの数だけは多いメリットが出たのかもしれません。

ワーグナー:さまよえるオランダ人序曲 7種
1.ショルティVPO
2.コンヴェチュニーSKB
3.ベーム/バイロイト祝祭管1971
4.ティーレマン/バイロイト祝祭管2012
5.カラヤンBPO1974
6.カラヤンBPO全曲1981
7.マゼールBPO

見事にドイツのオケばかり。ワーグナーは昔は嫌いな部類でしたが、オペラに目覚めてからは大好き、とまではいかなくても、まぁまぁ好き、位になってます。オランダ人、短いですし。

ティーレマンは今年のバイロイトの演奏で、ローテーション1年目。来年はまだまだ良くなる感じでしたが、この中では印象が強いです。当たり前ですが。あと、マゼール先生が結構やっちゃってて面白かった気がします。なお、ティーレマン以外はすべてCD音源です。

(11/17追記)多分聴きません。すんません。

ワーグナー:ヴェーゼンドンク歌曲 4種+1種(11/17)

1.ウエストブレイク/ヤンソンスRCO
2.カウネ/ドホナーニNDR
3.ラング/オラモ/フィンランド放送響
4.藤村/ヤンソンスBRSO
5.ペトラ・ヤング/アルミン・ジョルダン/スイス・ロマンド管(11/17追加)

今度は全部ネットラジオ音源。まるでトリスタンのパクリのようなこの曲、イゾルデ歌いが揃ってます。が、一番好きなのはあまりイゾルデを歌ってない印象の藤村さん。確か新日フィルのコンサートオペラでイゾルデを歌ってた気がしますが聞けてませんし、生以外でも聴いたことがありませんが、ヤンソンスのじっくりとしたテンポと落ち着いた表現と声が素晴らしいと思います。

(11/17追記)ぺトラ・ヤング&アルミン・ジョルダンが意外に良かった!

ブラームス(シェーンベルク編)ピアノ四重奏曲第1番 15種+4種(11/17追加)
1.チョン・ミュンフン/ラジオフランス管 ☆5つ 音質さえよければ・・・
2.エッシェンバッハ/ヒューストン響 ☆4つ 1楽章に欠落あり
3.エッシェンバッハNDR
4.エッシェンバッハNYP
5.エッシェンバッハBRSO ☆4つ
6.ギーレン/南西ドイツ放送響 ☆4つ 私の中のスタンダード
7.P.ヤルヴィhr響 ☆4つ わずかにチョン・ミュンフンに及ばない 
8.マリン/ロシアナショナル
9.ティルソン=トーマスBRSO ☆3つ 改めて聴くと悪くないがバランスがちと好みではない
10.ティルソン=トーマスCSO
11.ラトルBPO(DVD)
12.ドホナーニVPO
13.メルクルN響 ☆2つ 買ったときは良い演奏と思ったんですが、なんかアンサンブルに一体感が無い
14.ラインスドルフBPO ☆2つ 残念な出来
15.ゼンダー/ドイツユース管
16.ラトル/バーミンガム市響 ☆4つ 我が家にあるニールセンと同時期の最初期の録音だが、既にラトルの解釈は出来上がっている
17.ラトル/BPO(2009年11月7日ライブ) ☆5つ これは良い!!音質が・・・
18.ラトル/BPO(CD音源) ☆4つ もうちょっと熱い何かを期待したかったのだが。でも素晴らしい。
19.カサド/スペイン国立管 ☆1つ ホルンの1番、落ち過ぎ。しかもズレたまま吹き続ける暴挙を2回も・・・

例によって音源あり過ぎなこの曲。ただし、この曲は振る人が限られているため、同じ指揮者の違う演奏というパターンが多いです。中でも一番多いのがエッシェンバッハ。ヒューストンとのCDは中々の神演奏なので期待して他オケとの演奏を聴いてはイマイチというのを繰り返してますが・・・

私のオススメはチョン・ミュンフンとパーヴォ・ヤルヴィですが、どちらもCDにはなってないと思います。チョン・ミュンフンは東フィルとの生を聴きましたが壮絶極まりない名演奏でした。パーヴォはひょっとしたらN響でやるかもしれませんが、その際は是非聴きたいと思ってます。

CDの中では、先ほどのエッシェンバッハ/ヒューストンの他、ギーレンが良い演奏だと思います。あとはDVDのラトルか。

(11/17追記)何故か4種類も増えてしまった。ラトル各種はネットにあったのと、デジタルコンサートホール。カサドもネットラジオ音源。若手有望株のカサドは期待したがオケが酷過ぎ。ラトルは流石にこの曲のマニア(笑)度の音源も捨てがたい魅力あり。デジタルコンサートホールのライブ音源が一番熱い演奏か。CD音源は凄い演奏なんですが整い過ぎているかも。ライブと比較すると。

ということでお勧め音源へのリンクを張っておきます。ギーレンは今や手に入らないらしい・・・チョン・ミュンフン、録音してくれ~

  

番外 ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番 4種
1.アンスネス、スタブラヴァ、清水、レール×2
2.アルゲリッチ、クレーメル、バシュメット、マイスキー
3.ヴァサリー、ブランディス、クリスト、ヴォルヴィツキ

原曲のほうが実は好きな今日この頃ですが、常設のカルテットの演奏を持ってなかったりします。しかもベルリンフィル系の演奏が3つもあるという偏りっぷり。アンスネスの演奏がオススメですが、これもCDは出てないと思います。アルゲリッチ他スーパースターの演奏も、この手の演奏としては珍しくちゃんとアンサンブルしててオススメです。


茜とツバメグリルのハンバーグ。

  ぷりんくーだーさい、と頼んだら出てきたプリンが苦かったの巻。でもアイス美味しい。

  拓樹念願の綿あめゲットの巻。

ワーグナー(マゼール編):言葉のない指輪(10/20 マゼール指揮NHK交響楽団)

10/20 NHK交響楽団 NHKホール
ワーグナー ニーベルングの指輪(声楽なし/マゼール編曲)
指揮:ロリン・マゼール

前回のブログでは正直いまいちだったマゼールN響ですが、今回は、
凄かったです!!

まずはホルンのトップ!!!!!!!!!!!!
音でこんなに感銘を受けたのは、恐らくフランク・ロイド以来かと思います。まさか日本のオケでこのようなことを思うとは、想像したことが無かったです。

巨大な編成で、分厚い低弦をベースにした弦楽器、金管楽器と打楽器もサウンドが素晴らしく、アンサンブルも安定しており文句を付けようがなかったと思います。やっぱN響って凄いオケなんだな。

マゼールはいかにもマゼールといった音楽の作り方。棒で全てを表現しているのはいつもと変わりなかったのですが、いつもに増して打点と打点の間に表情があり豊かだった気がします。サントリーのP席で昔見た棒は、若いオケを相手に時にオケの自主性にゆだねていましたが、今回は出てくる音に反応し表情をコントロールする事により更なる相乗効果があったと思います。あの時よりも間違いなく上の棒を振っていたと思います。

ワルハラ城の雷、ヴォータンの告別の壮絶な音、森のささやきの木管も凄かったですが、夜明けからラインの旅の冒頭のマゼール節!前に行くべきところでインテンポを守り、巨大なクレッシェンドを創る、そしてオケを解き放つ。これだよこれ、マゼールは!と聴きながらニヤニヤしているうちに完全に違う世界へ連れ去られました。久々に音楽の世界に入り込んだ感覚を味あわせてくれました。

ジークフリートがあっという間に死に、葬送行進曲。ここでも三連符で大見得を切るマゼール。エグい、エグすぎる。そして自己犠牲、フィナーレ。

ちと拍手が早かったのが悔やまれますが、いやー、最高でした。

ちなみに私、マゼールという指揮者が実は結構好きで、ニューヨークフィルの常任時代は毎月定期をネットラジオで聴いてたほどです。常に立派な音楽を作るのですが、時折見せるマゼールワールドが、なんというか、体操で大業で着地が完璧に決まったかのような、何とも言えない興奮を創り出してくれ、麻薬のような魅力を感じてました。

今回はそんな魅力の一端を生で垣間見ることが出来ました。こりゃ、NHK音楽祭も行くべきだろうか?チャイコフスキーの4番だし、名演は保証されたも当然な気がする。さてどうしよう!?


拓樹、本日ポケモンセンターでジムチャレンジに参加。小学生以下の大会に小学生未満と勘違いして参加。4戦2勝だったようでカードもらって帰ってきました。

そういえば6歳の誕生日プレゼントは図鑑!毎日見てどんどん覚えてます!

9/29インバル都響「復活」、10/13マゼールN響「法悦」他

最近コンサート日記をぜんぜん書いてない気がします。どうも書かずにいられない演奏に出会えていないというか。

一時期行く公演行く公演がすべて当たり、というものすごい時期があり、「俺ってツイてるな、ひょっとして選ぶの上手!?」などと思ってましたが、私の体調とか気分のせいなのか、それとも本当に良くないのか、イマイチと思うことが多くなってます。せっかくの趣味なのに何だかなあ。

一つ言えることは「初日はやはり避けた方が良いのかな~」ということか。

と言うわけで、最近の公演の感想を少し。

9月29日(土)東京都交響楽団「作曲家の肖像」シリーズVol.88 東京芸術劇場 14時開演
マーラー:交響曲第2番 ハ短調「復活」
指揮/エリアフ・インバル
ソプラノ/澤畑恵美
メゾソプラノ/竹本節子
合唱/二期会合唱団

昨年のこのコンビの復活は、私が聴いた何時だったかのマーラーの3番に匹敵する超絶名演だったようで、かなり楽しみにしてました。

結果としては何故か入り込めなかった。この曲をライブでこんなに冷静に聴けるとは思わなかったです。まずインバル。物凄いアゴーギグ。テンポから解き放たれる時がこの指揮者にやってくるとは思わなかったので、かなりビックリしました。まるでバーンスタインかのような自由さ。冒頭からズッコケました。でも私、こういうの大好きなはずなので、かなり期待して聴いてました。

そしてオケ。自由なインバルにコンマスの矢部さん中心に余裕を持ってついて行きます。伊達に長いこと一緒にやってないです。弦楽器はかなり良かった。すごく良かった。特に低弦は最高でした。

ですが、ホルンが。セクションのTuttiの音は、多分今日本随一と思わせるくらい素晴らしかったのですが、やはり1番は重要。これと言ったミスをしてるわけではないのですが、非常に消極的。3番が序盤バランスを壊したりと事故があったせいだけではない、何かを感じてしまいました。

あとはトランペット。こちらも上手いんですが、やはり守ってるように聞こえてしまった。fとffとfffの差がもっと欲しかった。都響のマーラーなんだし。

それに追い打ちをかけるティンパニ。音程がへん。何だか集中できていないように感じてしまった。そうなると打楽器セクションがバシッと決まらない感じに。

と言うことで、何というかカトストロフィが感じられない尻すぼみな演奏でした。ひょっとしたら改装後初の芸劇ということも影響したかもしれません。奏者、聴き手の私双方に。ちなみに改装後の芸劇ですが、空調の音がうるさい、バンダのドアの開閉時気圧差でドアがヒューヒュー鳴る、ということで改装前より悪くなってる点あり。このまま調整しないようだと足が遠のくレベルで。

ですが、客席は盛り上がっていたので私の耳がおかしいのかもしれません(^_^; これ、初日だったので2日目の横浜は良かったのかもしれません。

因みに都響の中にいるヒト含めた友人との反省会はかなりおもしろかったです。

 
会社のそば、と言うか某ラグビー場至近の喫茶店で食べたスペイン風なんちゃら。真鍋かをりが美味しかったと色紙を残していたので思わず注文。

10/13 NHK交響楽団 NHKホール
チャイコフスキー:組曲第3番
グラズノフ:バイオリン協奏曲(キュッヘル)
スクリャービン:法悦の詩

指揮:ロリン・マゼール
ヴァイオリン:ライナー・キュッヒル

いまブログで調べたところ、何と7年ぶりのN響。前回はこちら。小澤さんの棒でした。

ちなみにマゼールは5年ぶり。前回は若いオケを引き連れてご満悦な感じで、すごい面白かったのを覚えてます。 どちらも前回の印象が良く期待度大、しかも得意の法悦!と言うことで参戦。Mさんありがとうございました。

で、直後のTwitter等では遠慮して呟いてたのですが、、、正直初日だな、と言う感想。

チャイコフスキーは曲を消化できていない感じ。つか、それ以前にオーボエ、何だかものすごく衰えた気が。音程といい音色のコントロールが利かなくなっちゃったり。チューニングからコンマスとあってないし。。。それでよいのか?ホントに。 その他の管楽器もちょっとアシ出しすぎかなあ。

とはいえ、弦楽器のシルクというかビロードのような響きは堪能させてもらいました。

あと、色んなオケのホルンセクションがアレキサンダーに走る中、全く違うホルンの音色。私はとても好きです。やはりN響と言うオケは物凄く良い個性があるなあ、と思い聴くことが出来ました。

次のグラズノフは音程的、譜読み的事故が続発していたので省略。気持ち悪くて酔いそうになりました。アンコールを弾かざるを得なかったキュッヒルさん、プロだな、と思うとともに何だかかわいそうになりました。体調悪いのか?

で、期待のスクリャービン。ここまでの出来だとカメラも入っちゃってるし、ノリノリのマゼールが魅せる変態アラルガンドや変態即興パウゼや変態クレッシェンドは無いな、と思ってましたが本当に何もしなかった(笑)安全運転でしたね。ですが、今までの曲とは打って変わってかなり纏まっていたとは思いました。緻密で透明な、しかも響きの豊かなTuttiをマゼールは引き出していたと思います。あまり聴けないこの曲をこのレベルで聴ければ満足された方も多いのではないかと思います。

が、、、この前の都響にも通じるのですが、カタストロフィが欲しい!!!トランペットはここぞというところでもっと音を張って、飛び抜けてきて欲しい。読響の長谷川さんのように(笑) あと、ホルン。前述の通り音は好きだし、1箇所トンデモない間違えしでかした以外(とはいえ気づかない人の方が多いかも)かなり良かった気がしますが、一カ所だけ、最後のG.P.の前のE-Esは大音響のオケを突き破って突き抜けてこないと、和声的に解決してない身悶え感が(>_<) あそこがどう聴こえるかで、ラストの入りの雰囲気が変わると思うのですが。ラストもアッサリで何かイケずに終わってしまったというか。

因みに同じくマゼール指揮のニューヨークフィルとのライブだと今日の1.5倍ぐらい最後のクレッシェンド有りました。しかも最後までちゃんとクレッシェンドし続けてて、スミス@tpが耐えきれず途中でブレスする、というオマケまで付いてましたが。 と言った感じで個人的には満足感もありつつ、ちと欲求不満が溜まりましたが、客席は大騒ぎ。何せマゼールが出て来ただけでブラヴォー言ってましたからね。テレビ狙いなのかな?

マゼールですが前にも増して明晰な棒。N響メンバーもやりやすかったのではと思いますが、まだオケのタイミングと同期が取れてないと思う箇所もありました。N響、デュトワ時代にかなり打点にオンタイムになりましたが、今日聴いた限りだとオケの時間は元に戻った気がしました。そのせいかは分かりませんが、たまーにマゼールが置いてかれてた気もします。

ちなみにこれもマゼールN響初顔合わせの初日。翌日以降は良くなると思います。

しかしすごい時代になったものです。まるでパリかロンドンかベルリンかと言うくらい有名指揮者が入れ替わり立ち替わり振ってくれる、オケも一昔前に比べ何処も急にレベルが上がってきてる気がしますし。

ですが、有名指揮者=良い演奏ではない、と言うのも事実。飛び切りのアタリ、次はいつ出会えるのかな?シュナイダーが東フィル振った新国立劇場の薔薇の騎士とか、インバル都響のマーラー3番とか、ヒュー・ウルフ読響のショスタコーヴィチ11番とかで味わった違う世界に持って行かれる感覚、次のマゼールN響のリング抜粋で聴けたら嬉しいのですが。

IMG_6595IMG_6599
そういえば運動会でした。ヒロキを先頭に入場。

IMG_6616IMG_6618
アカネもちゃんと走ってます

IMG_6624IMG_6636
じいちゃんばあちゃんと一緒でご満悦

ちなみに私も2つの競技に出て、かなり活躍してしまった。借り物競走では最後良い勝負だったので思わずちょっと本気で走り、どっちが勝ったかわからないという演出をしてしまい、尻尾とり(お尻にしっぽをつけた子供をおんぶしてする騎馬戦みたいな競技)では、四角の中から出てはいけない+尻尾をとる=ライン際で尻尾をラインの外に向けてれば取られにくいというのと、1組がライン際に追いつめ、待機している組が尻尾をとればよい、という戦法を何となくいち早く編み出し、おそらく最多の3つの尻尾をとり白組勝利に導きました。死にそうになりましたが。

 
茜の753の着物。カワイイっす。


ヒロキは私が帰宅したときは既にソファで寝ちゃってました。このまま寝落ちしたのかな?

Nexus7購入(その2 到着後)

さっそく開封。

2012-10-06 10.47.322012-10-06 10.47.41
側面にASUSのロゴがあります。Appleのような高級感があるデザインではありませんが、悪くないです。

2012-10-06 10.48.02
外箱から内箱を引っこ抜くのが意外に大変。妙にクリアランスが良く密閉度が高い(笑)そして黒い箱開けるのも大変、なんでこんなに硬いんだ。

本体をくるんでるフィルムをはがし、さっそく電源投入。ここまで実は23時ごろ帰宅して着替えもせずやってたので、ここで服を着替え、一休みしにベランダで一服。その間充電。一息入れてから触りました。以下、インプレ&ソフト導入&root化について。

1.外観・質感
やはり思ってた通り7インチは触りやすい。iPhoneでも3Gまでのエッジが丸まってるデザインが持ちやすく手になじむと感じてましたが、程よいエッジの丸みと裏のエンボス加工が手になじみます。私、掌はそんなに大きくないのですが、指は長いので(ピアノで9度までは届きます)片手操作可能です。

PAP_0000

会社支給ガラケーのカメラで撮ったので画質がいまいちですが左からiPad2、iPhone4S、iPhone5、Nexus7です。ちなみにiPhone4Sの画面2個分≒Nexus7の画面、Nuxus7の画面2個分≒iPd2の画面といった感じです。

2.操作感
最初は正直戸惑いました。何でかわからないですがiPhoneは3Gを最初に購入した時から全く戸惑うことなく操作できましたが、初Android、戸惑いました。たとえばウィジットを削除したいと思い、とりあえずiPhoneのように長押ししますが「削除」という文字が上に出てきたので押そうとしても押せない(笑)まさかMacのようにそこにドロップするとは思いませんでした。iPhoneのようにアイコンが震え×が出て、×を押すと削除という誰でも何も考えなくても誘導されるインターフェイスではありません。

ちなみにこれを買ったとき、ひょっとしたらiPhoneに夢中、かつ使いこなしてる子供たち(6歳、2歳)が夢中になるかな、と思ってましたが、触って分からなかったのか全く触れようとしません。

ですが、操作性に変わる機能性、カスタマイズ性があるのがAndroidの良いところ。その辺りを以下、記します。

3.自炊PDFリーダー
前の記事に書いたとおり、今時点の目的は情報処理の勉強をこのタブレットで通勤中に行うこと。ということで、まずはViewerを探します。人気の高そうなこれにしました。

(導入ソフト1)Perfect Viewer&PDFプラグイン

入れてみましたが、自炊初心者の私は見開き2ページを1ページで取り込んでおり、実に使いにくい。まあ見開きでも横にすればiPhone時代からは格段の見やすさですが、ページ送りなどの動作がいまいち。ということでついでにPDFを加工するソフトをPCに入れて加工しちゃいました。これはNexus7が無くてもできたはずですが。

PDF Scissors
これ凄いですよ。余白をカットしつつ見開き2ページを1ページに出来るという代物。ただし90度倒れて保存されてしまいましたので、前頁まとめて回転できるソフトを探しました。

・PDFill PDF EDITOR
これです。

という訳で環境が完成。実に使いやすい。満員電車でも片手サイズということでiPhoneが出せる程度なら出して使えるし(これは背の高さによるかも、私は174センチ)、フリックではなくタップで、しかもタップエリアを指定し色々できるのはマジで便利。うん、満足。

4.iPhone4Sでのテザリング

こうなると欲しいのが通勤中(ただし地上にいるとき)の通信環境。新たにPocketWifiとか契約する金もないし、どうせ次にiPhone買い替える時はテザリング環境が手に入るためつなぎを考えます。ということでiPhoneのAppStoreで昔落としておいたSocks5プロキシソフト(Upされて直ぐストアからは消えました)を利用することに。

このページを参照し設定を行います。Nexus7のroot化が工程にありますがこれは後述。iPhoneのJBと比べサクッと出来ることに驚きました。root化後は

(導入ソフト2)Proxydroid

を導入します。ポイントは自動接続とDNS Proxyかな。でつないでみるとサクッとつながる。以外に早く感じます、疑似テザリング。回線は同じなのでiPhoneと比べレンダリング能力が高い事による感覚なのだと思います。面倒なのは目をつぶるとすれば、まあまあ満足です。

5.root化

私の場合、カスタムロムに興味があるわけではなく、単にPacket Forwardingしたいだけなので、unlockせずにroot化するという手法を選択。

xda-devにまさにやりたい事のスレッドがありましたのでこれを参考にします。ちなみに日本語化された記事はここにありますが、コマンドのコピペは本家スレッドから行いましょう。

実は私、この工程に入る前のドライバの認識で苦労しました。toolkitではだめで、AndroidSDKを導入し入れたのですが、「PTPモード」にし(MTPモードではなくして)、「USBデバック」にするなんて、初アンドロイドで分からなかったので^^

さらに言うと、終了後MTPに戻してもPCが認識してくれなくて・・・これって起動モードを変更するたびにドライバ認識させなおす必要があるのでしょうか?今のところ分からないながらそういう解釈をし、ドライバを入れなおして使ってます。

それにしてもroot化楽ですね。ざっくり言うとファイル転送して復元をfakeして認識させてPermissionを変更し、local.propを削除するだけ。iPhoneのJBって正直何やってるか分かりませんから。

6.Twitter&Facebook&2chも快適
通信環境ができたのでとりあえずよく使うこれらを導入。選択したのはこいつら。

(導入ソフト3)Facebook公式
(導入ソフト4)twicca
(導入ソフト5)2chMate

FacebookはiPhoneと同じ。ソフトとしてはいまいち。ですが画面がでかいだけで見やすさがだいぶ違います。twiccaは公式よりはかなり使いやすい印象。2chMateはBB2CがAndroidにないので仕方が無くDLしましたが、実に良い。iPhoneの方も入れ替えようかな。

7.日本語入力
最初はgoogle日本語入力を使ってましたが、フリック入力Loveな私はどうにもソフトキーボードによる入力に慣れることができません。うーんと考え込んでATOKのレビューを見たところ、フリック入力をサポートしているとのこと!!思わず購入。ええ、Google PlayストアでNexus7を購入した特典の2000円があったので。

で、フリック入力にしましたが、使いやすい局面とそうではない局面があることに気づいてきました。英語数字のキーボードが意外に便利。数字の際に切り替える必要が無いのは楽ですね。もうしばらく何がベストか探ってみることとします。

8.クラウドストレージ&データ共有
iPhoneとのデータ共有のために導入。クラウドって良いですね。当たり前だがEvernoteはでかくて見やすい。

Dropbox
Evernote

9.音楽再生環境
Nexus7の弱点は容量が少ない事。64GB iPhoneが音楽ビデオと音楽でいっぱいな私ですが、そもそもiPhoneでも入れたいものが全て入りきらないので自宅からストリーミングで外出先で家の音源を全て聴けるようにしてました。そのために利用していたのが、

Audiogalaxy

です。これをNexus7にも導入。すでに環境ができているので直ぐに使えるようになりました。とはいえローカルで聴きたいものは厳選してローカルにおきたい。ということで探してて見つけたのが、

Poweramp

これ。iPhoneで再生できないFLAC、しかもハイレゾ音源が再生できます!!さっそく聴いてみましたがなかなか良いです。音源の優秀さは感じます。ただしHPA周りが弱そう。プロセス負荷状況に依存していると思うのですが、たまーにノイズがのります。あと、音量がクラシックを聴くには小さいかな。最後にDLNAコントローラ。N-50を制御するのに使えるソフトはないかと探していたら、こんなのありました。

・BubbleUPnP

Pionnerのアプリがいかに糞かわかります。素晴らしい。まだほとんど使ってないけど(笑)

10.ファイル操作
アンドロイドのiPhoneに対する優位性の一つがファイル操作が自由だということ。基本Linuxなんで、Linuxで出来ることはできるはず。特にroot取ってれば。今まで触ってた中でもアプリケーション間のファイル渡しが出来るメリットを感じましたが、そもそもPCにつながなくてもWifi経由で色々できるはず、smbでのやり取りもソフトの実装次第で快適にできるはず。ということで、PCにつながなくてもWifi経由で音楽とかをNASからコピーするために選択したのがこれ。

ESファイルエクスプローラ

これは凄い。日本語も問題ないし、NASも一発で認識。NAS上のファイルも再生もできるし、コピーもできる。

今のところ、こんな感じですが、かなり満足度は高いです。もうしばらく触ったら印象も変わると思うんで、Twitterなどで随時印象アップデートします。

Nexus7購入(その1 到着まで)

これ買っちゃいました。

Galaxy Nexus タブレット

一応目的は情報処理の勉強。家ではほとんど勉強しない、というか出来ないので通勤中にiPhone4Sで見開きで取り込んだテキストを読み、オンライン学習のWebページをやっていたのですが、画面が小さすぎてツライツライ。 もともとiPadはデカすぎるな、タブレット買うなら7インチ、と思っており、iPad miniに興味があったのですが、iPhone3、3G、4Sとアップル製品をずっと使い続けている中、iOS6のクソっぷりを見て、Androidもそろそろこなれている頃だろうと思っていたところにNexus7日本発売のニュース。思わず飛びついてしまいました。発売初日にポチッとしてしまいました。

が、ここからが苦難の始まり。まあ、海外通販ですから納期通りに来るとは限らないことは理解してたつもりですが、ちと予想外の展開でした。一応購入時点での納期は3-4営業日、とGoogle Playの画面はなってました。結論的には4営業日6日間で到着しました。

注文日: 2012/09/25 8:46 午後 JST お支払い方法: VISA xxx 販売者: Google Asia Pacific Pte. Ltd. 8 Marina View, Asia Square 1 #30-01 SG 018960 シンガポール配送先: koto-ku Tokyo

というメールがポチった瞬間に来たのですが、

Google Play でご注文いただいた商品が発送されました。 配送状況は、追跡番号 Fedex #53852xxxxxxx を使用してご確認いただけます。情報が表示されるまでに 24 時間かかる場合があります。

という発送通知メールが来たのが9/27 22:34。ここまで2日。まあ、これは想定内だったのですが、ビックリしたのが配送業者であるFedexのトラッキングページ。住所が、

 STICK-KU TOKYO

という謎の24番目の区に!ちなみにこの時点のEstimated deliverlyは9月28日18時。まだ香港にあるのにスゲーな、配送先の住所が違ってても配達できるエスパーかよw

と言うことでGoogleから来たメールに問い合わせは配送業者にあったため28日夕方にFedexに電話。

俺 住所がおかしいんですが?私は正しい住所を入れたがどういうことだ?
F 送り主からもらった住所をいじることはしない。正しい住所は?
俺 xxです。あと、トラッキングステータスが動かないんですが?
F 確認します。住所は送り主にも確認、連絡お願いします。

と言うことでGoogleにも電話。

俺 住所がおかしいんですが?
G (かなり待たされ)あ、ほんとですね。Fedexに電話してください。
俺 もうしました。そちらに電話するよう言われたのですが。
G わかりました。ちなみに正しい住所は?
俺 xxです。あと、配送予定、Google Playだと配達日今日の18時なんですが着かないですよね?配達見通しを教えてほしい。
G 対処し見通しをメールします
俺 了解

ちなみにGoogleからはその後メールは来なかった。ある意味予想通り。

そして29日、急にステータスが進み始めた(笑)口述しますが、この時点で28日は全くステータスの動きもなく、また1日に到着するまで28日のステータスはありませんでした。

それはともかくFedexのトラッキングページで到着を確認すると月曜日18時の配達予定。これは受け取り無理、と言うことで再度Fedexに電話。18時以降極力遅くと運転手に伝えるとのこと。

これで一安心と思っていたが、最終配送業者の西武運輸のトラッキングページを月曜の朝見てビックリ。すでに配送中で10時配達予定(笑)どうなってんだ、ということでまたまた今度は西武運輸に電話。宅配ボックスで対応するとのこと。 良かった。

と、思い残業してたら、今度は西武運輸の運転手さんから電話。宅配ボックスには絶対入れるな、サインもらえと送り主から指示がある、いま宅配ボックス開けることは可能か?とのこと。無理~(笑) と言うことで20時にまた来るとのこと。

20時までの帰宅は無理なためaに電話しヘルプ要請。20時過ぎに来て、無事受け取れたとのこと。ちと疲れました。

最後に、今トラッキングページ見てまたびっくり。28日当時は表示されてませんでしたが28日に結構動きがあったことになってます。ひょっとしてどこか違う所に行く予定だったのが私宛にさしかわったとか?うーん??ま、単なるタイムラグでしょう。 そして最終配達先はあくまで、Stick-kuだということがわかります。どこなんだ、スティック区(笑)

Oct 1, 2012 2:28 PM Delivered STICK-KU TOKYO, JP
Oct 1, 2012 9:00 AM Delivery exception NARITA-SHI JP Future delivery requested
Sep 30, 2012 2:20 PM In transitTOKYO-KOTO-KU JP Tendered to authorized agent for final delivery
Sep 30, 2012 2:12 PM International shipment release - Import TOKYO-KOTO-KU JP
Sep 30, 2012 9:19 AM In transit TOKYO-KOTO-KU JP Package available for clearance
Sep 29, 2012 9:01 AM At destination sort facility NARITA-SHI JP
Sep 29, 2012 4:29 AM Departed FedEx location GUANGZHOU CN
Sep 29, 2012 3:11 AM In transit GUANGZHOU CN
Sep 28, 2012 11:15 PM Arrived at FedEx location GUANGZHOU CN
Sep 28, 2012 7:50 PM Left FedEx origin facilityYUEN LONG HK
Sep 28, 2012 6:26 PM Picked upYUEN LONG HK Package received after FedEx cutoff
Sep 27, 2012 9:26 AMShipment information sent to FedEx

ちなみにこの記事、nexus7で書いてます。

 
ひろき6才になりました!

帰省

今年の夏休みはaと私の祖母が相次いで世を去ったため墓参りで帰省。義理の従兄弟の結婚式でスタートする日程に。

IMG_3883IMG_3884
出発

IMG_3888IMG_3890IMG_3891
前泊は札幌のホテル。ロビーにキリンがいた!茜は慣れないおめかし。

IMG_3907IMG_3909IMG_3894
札幌では人気の式場らしい。

IMG_3920IMG_3939
オメデトウゴザイマス!!

IMG_3948IMG_3950IMG_3952
アリが虫を運んでいるのを発見

IMG_3961IMG_3990IMG_3997IMG_4009IMG_3958
披露宴

IMG_3977IMG_3979
子供用料理

IMG_3985IMG_4002IMG_4004IMG_4006IMG_4023IMG_4034
黒松内町のベーコンやチーズを使った料理!

IMG_4078IMG_4076IMG_4087
ポケモン貯金箱を開けてポケモンセンターサッポロへ

IMG_4100IMG_4094IMG_4102
流れでランドセルを選ぶことに。オーダーメードの本革黒を拓樹は選択。茜はシルバニアのおうちで遊ぶ。

IMG_4108IMG_4109
ほんとは墓参りに行く予定でしたが、めったに愚痴を言わない拓樹が「もうつかれた、おうちでご飯食べたい」というため帰宅。

IMG_4113IMG_4117
従兄弟が来て復活したのでビール園にジンギスカンを食べに。私の実家から徒歩5分ほど。

IMG_4141IMG_4119IMG_4122
翌日墓参り後、ROYCEの工場に

IMG_4128IMG_4140IMG_4155
工場直営のショップでソフトクリームを。かなりおいしいです

IMG_4168IMG_4176IMG_4178
帯広に移動し義母の友人の農園へ。

IMG_4206IMG_4182
いも掘り

IMG_4183IMG_4198IMG_4200IMG_4214IMG_4196IMG_4204IMG_4208IMG_4210
実に北海道っぽい

IMG_4186IMG_4192IMG_4194
もぎたてのトウモロコシを窯で茹でて食す。激ウマ

IMG_4216IMG_4218IMG_4220
墓参り後蕎麦屋へ入ったら、なぜかマッキンを中心とするものすごいオーディオシステムが

IMG_4224IMG_4226IMG_4228IMG_4234IMG_4242IMG_4244
農場で捕まえたクワガタ。拓樹が初めて飼った生きもの。放してあげて東京へ

IMG_4248
羽田に787いました

フライハイト交響楽団第32回定期演奏会終了&近況

無事終了しました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。入場者数1100名位だったようです。今回は久々に上手くいった感があり、久々のオペラシティを堪能できました。客席でクリアに聴かせるには難しい会場ですが、そこそこできたのではないでしょうか。そして、ようやく井崎先生とのコンビもこなれてきたのでしょうか。

次はまた近所の墨田トリフォニーホールでブラームスのピアノカルテット第1番のシェーンベルク編曲番他です。しばし楽器はお休み。

IMG_3588IMG_3589
コンサートの前の週の日曜日、土用の丑に先駆けてうなぎを食しました。子供たち、うなぎ大好きです!

IMG_3594IMG_3605
オペラシティの家族同伴楽屋のひとコマ。無く子はいるは、トランプやオセロやポケモンカードが入り乱れているわ、すっかり子供中心な本番前です。お客様から頂いたひまわり。きれいですね。差し入れ、色々ありがとうございました。子供たちがあっという間に体の中に吸収してました。

IMG_3596IMG_3599IMG_3602
桃にかぶりつく子供たち。茜が間違えて拓樹のほっぺたに噛みつき爆笑!

IMG_3614IMG_3622
昨日の朝、家の前を神輿の行列が通り過ぎます。茜は神輿よりも太鼓が大好きな様子。

IMG_3631_IMG_3636IMG_3638IMG_6106IMG_6108IMG_3703
夕方は子供たちは浴衣に着替え、保育園のサマーフェスティバルへ。茜のゆかたが大評判でした。拓樹はゲームでジバンシの皿を当てました。

IMG_6112IMG_6114
終わった後はうちの裏の通りの祭りへ。

IMG_3645IMG_3644
その後は寿司屋に。うちのすぐ目の前には寿司屋が2件ありますが小上がりがある方へ。ツブ貝の刺身が絶品でした。

IMG_6130IMG_3641IMG_6122
子供たち、すしも大好き。

IMG_3648IMG_3663

IMG_3670IMG_3661IMG_3675
大喜び!

IMG_3679IMG_3683IMG_3685IMG_3684
その後はさっきとは別な近所の公園の方のお祭りへ。神輿が奉納されてます。茜はまたもや太鼓に夢中。そういえばオーケストラでも目の前にシンバルとか銅鑼がいるにもかかわらずティンパニーに夢中でした。

IMG_3688IMG_3692IMG_3691
寿司屋でもらった飴食べながら見学。

IMG_6172IMG_3694IMG_3695IMG_3696
演歌歌手?の歌謡ショーつきでしたが、もう眠そうなので帰宅。

前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。