FC2ブログ

Kuehn Style Part2

クラシックのコンサート、ネットラジオなどの感想と、子供たちの成長日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月のネットラジオ名演奏

5月は良い演奏ぞろいでした。

5/3
Radio Kamer Filharmonie en Groot Omroepkoor o.l.v. Jaap van Zweden, Emma Bell (sopraan), Cecile van de Sant (alt), Marcel Reijans (tenor):
Peter Cornelius - Requiem "Seele vergiss Sie nicht";
Anton Bruckner - Zwei Aequale, voor drie trombones;
Anton Bruckner - Libera me, voor koor trombones en orgel;
Wolfgang Amadeus Mozart - Requiem KV 626;
Opname vrijdag 27 mei 2006;

まずはこのモーツァルトのレクイエム。非常に清楚な演奏。録音を聴くというシチュエーションだと色々考えさせられてしまう演奏が多い中、このような演奏は貴重。コネリウス、ブルックナーも秀逸。

オンデマンドで聴けます

Groot Omroepkoor o.l.v. Jos van Veldhoven; Johannette Zomer (sopraan), Fred Jacobs (theorbe), Lucia Swarts (cello), Robert Franenburg (contrabas), Leo van Doeselaar (orgel), Siebe Henstra (orgel continuo):
シュッツ:ダヴィデの詩篇集から第11曲「恵み深い主に向かって感謝せよ(Danket dem Herrn, denn er ist freundlich)」SWV.32
シュッツ:クライネ・ガイストリッヒェ・コンチェルト第4曲「おお、優しく恵み深い主イエス・キリスト」SWV.285
シュッツ:ダヴィデの詩篇集から第8曲「あなたの住まいはいかに麗しいことか」SWV.29
シュッツ:クライネ・ガイストリッヒェ・コンチェルト第2部から第1曲「私は常に主をほめ讃えたい」SWV.306
シュッツ:ダヴィデの詩篇集から第26曲「全地よ、主に歓呼の声を上げよ」SWV.47
カヴァリ:合唱と通奏低音のためのジェイコブス・フランチェスコ・サルヴェレジーナ
モンテヴェルディ:倫理的・宗教的な森からPianto della Madonna sopra II Lamento d'Arianna
ジェズアルド:合唱のためのアヴェ・マリア
パーセル:主よ、わたしの祈りを聞いてください
サンドストレム:主よ、わたしの祈りを聞いてください
メンデルスゾーン:主よ、わたしの祈りを聞いてください
レーガー:死よ、あなたはどのくらい苦いのかop.110-3
ニーステッド:不滅のバッハ
Opname van 27 november 2009; TROS

上のモーツァルトの穴埋めに放送されたのですが、これも素晴らしい。ニーステッド?という作曲家の不滅のバッハという合唱曲が特に気に入りました。

オンデマンドで聴けます

5/4 3:00-
Serge Rachmaninov: Concerto N°2 en ut mineur Op.18 (1900, 1901)
Piotr-Ilitch Tchaïkovsky:
Symphonie N°5 en mi mineur Op.65 (1888)
Nikolaï Demidenko, Piano
Orchestre National de France
Ken-Ishiro Kobayashi, Direction

正直コバケンという指揮者はなんというか眉唾もんだと思ってましたが、ごめんなさい。心から謝ります。このラフマニノフとチャイコフスキーの5番、凄いです。一度聴いてみてください。

オンデマンドでまだ聴けます

5/5 3:03- (DeutschlandRadio)
Soli Deo Gloria Live vom Braunschweig Festival
Eröffnungskonzert
Live aus der Kirche St. Martini Braunschweig
Wolfgang Amadeus Mozart: Sinfonie D-Dur KV 504 ("Prager")
Wolfgang Amadeus Mozart: Konzert für Violine und Orchester G-Dur KV 216
Wolfgang Amadeus Mozart: Sinfonie C-Dur KV 551 ("Jupiter")
Julien Chauvin, Violine
Le Cercle de l'Harmonie
Leitung: Jérémie Rhorer

昔ラ・フォル・ジュルネで聴いたル・シエクル(ここここ参照)。その時もかなりよいオケだと思い気に入りましたが、これも素晴らしい演奏でした。愛聴盤(ファイル?)になりそうです。

5/6 3:04-6:00 Sa 05.05.2012 20:04 - 23:00 Uhr
Jirí Belohlávek dirigiert die Berliner Philharmoniker
Leos Janácek: Instrumentalmusik aus der Oper "Aus einem Totenhaus"
Arnold Schönberg: Klavierkonzert op. 42
Pierre-Laurent Aimard
Johannes Brahms: Sinfonie Nr. 4 e-Moll, op. 98
Aufnahme vom 22.04.2010 in der Berliner Philharmonie

Das Philharmonia Quartett Berlin spielt
Robert Schumann
Streichquartett a-Moll, op. 41 Nr. 1
Streichquartett F-Dur, op. 41 Nr. 2
Streichquartett A-Dur, op. 41 Nr. 3
Stand vom 30.04.2012

ビエロフラーヴェク指揮のベルリンフィルですが、まず最初のヤナーチェクが掘り出し物。これやってみたい。ブラームスも意外な名演。埋め草にあったシューマンのカルテット、初めて聴きましたがこれも掘り出し物。

5/18 3:00-
Antonín Dvořák: Concerto pour violon et orchestre
Franz Schubert: Symphonie n° 9 en ut majeur D 944, La Grande (1825, 1828)
Anne-Sophie Mutter, Violon
Orchestre National de France
Kurt Masur, Direction
Concert donné le 19 avril 2012.

先日ぶっ倒れたマズアですが、フランス国立管とのコンビはなかなか名演が多いです。昔はつまらん指揮者の代表かと思ってましたが。ですが、この演奏はムターのドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲がGood。内にあるこの曲だと一番かも。

オンデマンドでまだ聴けます

5/21 8:00-10:00 MAY 20 Sundays, 4-6 p.m. KUSC
The Mahler ProjectThomas Hampson, baritone; Miah Persson, soprano; Gustavo Dudamel, conductor; Los Angeles Philharmonic
Mahler: Songs of a Wayfarer
Mahler: Symphony No. 4

ドゥダメルのマーラープロジェクト。このさすらう若人の歌と4番は良かった。やはり昔提唱したドゥダメル=小澤後継者説は意外に当たってるかもしれない。この演奏はもう聞けませんが、同じコンビの6番ならオンデマンドで聴けます

5/27 3:03-(SWR2)
anschließend:
Emerson String Quartet:Eugene Drucker, Philip Setzer (Violine)Lawrence Dutton (Viola)David Finckel (Violoncello)
Charles Ives:Streichquartett Nr. 1 "From the Salvation Army"
Pierre Jalbert:Streichquartett Nr. 5 (Deutsche Erstaufführung)
Aaron Copland:Lento Molto aus "Two Pieces for String Quartet"
Antonin Dvorák:Streichquartett Nr. 12 F-Dur op. 96 "Amerikanisches"
(アンコール)
バーバー:アダージョ
ドヴォルザーク:糸杉から
(Konzert vom 23. Mai im Rokokotheater)

これも素晴らしい。アイヴスのカルテット、多分初めて聴きましたが良いですね。コープランドもよい。ドヴォルザークもこれくらい好き放題技術的隙が全くなくやってくれる、しかもライブで、というのは音楽だけを聴けて凄く良い。アンコールも盛りだくさん。糸杉最高。

5/28 3:03-6:00 5/27 20:03-23:00
SWR2 Abendkonzert
Schwetzinger SWR Festspiele 2012
Schwetzingen Vokal
Franz Schubert:"Die Winterreise", Liederzyklus nach Gedichten von Wilhelm Müller D 911
Christian Gerhaher(Bariton)Gerold Huber(Klavier)
(Konzert vom 24. Mai im Mozartsaal)

先日のバイエルン放送響のコンサートで知ったゲルハーヘル。良いですね。ディスカウの冬の旅がちょっと演技くさくて苦手な私にはぴったりです。

番外オンデマンド
Mozart: Piano Concerto No. 9, Jeunehomme 
Tchaikovsky: Symphony No. 5 
Herbert Blomstedt(Conductor), Garrick Ohlsson(Piano)New York Philharmonic
2012/4/19-21

残念ながらもうオンデマンドが終わってしまってますが、マイヤースが爆音で吹きまくる、ホルン吹きには痛快極まりない、そして他の楽器には迷惑極まりない演奏。

IMG_3370
ポケモンいえるかなBWの順にポケモンカードを並べてご満悦な拓樹。

IMG_3138IMG_3147IMG_3152
希望者がいたので先日のクラウドEXPOのうちのブースのコンパニオンの写真。

IMG_3210
コンパニオンの写真撮ってただけではなく、ちゃんと一応仕事もしてました。その後この会場でもらったのかひどい風邪にかかってしまいましたが・・・

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sira2.blog.fc2.com/tb.php/655-8b86bbf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。