FC2ブログ

Kuehn Style Part2

クラシックのコンサート、ネットラジオなどの感想と、子供たちの成長日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノリントン/シュトゥットガルトのブラ1(Fオケその2)

HMVへ
ブラームス:交響曲全集
?交響曲第1番ハ短調Op.68
?交響曲第2番ニ長調Op.73
?交響曲第3番ヘ長調Op.90
?交響曲第4番ホ短調Op.98
シュトゥットガルト放送交響楽団サー・ロジャー・ノリントン(指)
録音時期:2005年7月4日−7月6日(スタジオ・セッション)
録音場所:シュトゥットガルト、リーダーハレ、ベートーヴェンザール

一つ前の記事でノリントン指揮ロンドンクラシカルプレーヤーズの演奏を紹介しましたが、こちらはノリントンが常任を勤め、現代楽器を使っているシュトゥットガルト交響楽団とのDVD。ノリントンのトークが面白い&ノンヴィヴラートならではのボーイングが見えるところが面白い。

ノリントン、おもろいおっちゃんです。さんざんソファに座ってトークを繰り広げますが、内容はともかく(非常に面白いの)、腹の出具合が気になって仕方が無いです。

CDの方が楽器が古楽器である分、解釈は徹底してますが、どちらかを買うのであればDVDでしょう(安いので両方買っても損は無いと思いますが)。

ちなみにブラ1冒頭は6つに振ってますが、単に2つに振る棒のテクニックが無いだけでテンポは2つのテンポです。ちなみにCreris氏によるとアーノンクールは2つに振っているようですがDVDは発売されていませんし、CDも全集のみで高いです。。

sSANY0078.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
アーノンクールですが、あらためて映像を見てみると完全に二つ振りではなくて、6から1拍目やアウフタクトで音が上昇するところなどかなりはっきり出していました。ただ、6つが等価ではなく、強拍やアウフタクトを強調するところなどは、近いアプローチかも。

  • 2006/11/26(日) 19:17:17 |
  • URL |
  • Creris #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

アーノンクールもノリントンもどちらも見てみたい。以前フランスのテレビでノリントンのドキュメンタリー見て、かなり関心あるよ。バンコクで海賊版探してみます。
ただシュトゥットゥガルトのオケマンには嫌われてるらしいです。

  • 2006/11/26(日) 23:59:34 |
  • URL |
  • さーし #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sira2.blog.fc2.com/tb.php/321-1ff2ccbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。