FC2ブログ

Kuehn Style Part2

クラシックのコンサート、ネットラジオなどの感想と、子供たちの成長日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレエ「くるみ割り人形」新国立劇場

12月21日 新国立劇場 長田(金平糖の精)、トレウバエフ(王子)他東京フィルハーモニー管弦楽団

久し振りに新国立劇場にバレエを観に行きました。今回は初の子供達と一緒(ただし席は別々)。



以前観たものと振り付けが変わってる気がしましたがどうなんでしょうか?同じ牧さん振り付けらしいのですが。以前の方がアグレッシブで見ごたえがある気がしましたが、今回のはより優雅でそれはそれで良かった気もします。

あと、最後のサンタは圧巻。どうなってるんですかね?これは日本の新国立劇場ならではの舞台だと思いました。絶対ヨーロッパの古い劇場じゃできないでしょう。アメリカなら出来そうですが。



サンタもいてクリスマスムード一色。やはりこの時期はくるみ割り人形ですね。第九もよいですが。



因みに今度2幕をやるのですが、東フィルさんてダンサーみたくローテーションあるんですかね??ホルンはかなりバテてるようでしたが、プロの技で多分大多数の客には全くわからんかったでしょうね。さすがです。

そもそもこんなきつい曲をもし1日2回もやるなら労働基準法的にどうなんだってくらいキツイですからねえ。1曲丸ごとなかったり、2幕1曲目のリピートがなかったりしましたが、テンポがやはり踊りに合わせてゆったり目だったり、本当はない繰り返しが1箇所あったりで、差し引きゼロという感じでしょうか?

何れにしてもバランスという点で参考になりました。このバランスが許されるかは分かりませんが。。。そもそも持ってる音色ってものが違いますからねえ。

あと、スペインのトランペット、ファゴット全般、ブラボーでした。



何れにせよ、踊りのイメージを持って練習に望めそうで、何よりです。頑張らねば。
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。