FC2ブログ

Kuehn Style Part2

クラシックのコンサート、ネットラジオなどの感想と、子供たちの成長日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【宣伝】2/12(土)フライハイト交響楽団第30回定期演奏会

フライハイト交響楽団第30回定期演奏会
2011年2月12日(土)すみだトリフォニーホール 13:30開場 14:00開演

ドヴォルザーク:序曲「謝肉祭」
ボロディン:歌劇「イーゴリ公」からダッタン人の踊り
R.コルサコフ:スペイン奇想曲
ムソルグスキー(ラヴェル編):組曲「展覧会の絵」

指揮:森口 真司 席種:S席2000円 A席1000円 (チケットぴあ Pコード P122-407)

チケット絶賛受付中!

最近いつもなぜか仕事のピークとコンサートが重なることが多く、気づいたら本番直前、ということが多く、全くお客さんを誘えてません。是非今回は来て頂きたい、というわけで早めのエントリー。コメントかメールか書簡@ブラ3wいただければ用意します。

ちなみに今年も正月は楽器に極力平日も触るぞー、と意気込んでましたが、中国相手の仕事に苦労する部下のマネジメントに一苦労。まあ、いつものペースになっちゃってます。まあやむなし。ただ、意識してる分、ちょっとはマシかも。

そういえばスペイン奇想曲ですが、最近私が気に入ってる演奏がネットラジオで捕獲したこちら。セルよりも好き。

1/13 (Thr) 18:05-19:55 (10:05-11:55/CET) BR KLASSIK (Player)
R.コルサコフ:スペイン奇想曲
ユーリ・アーロノヴィチ指揮バイエルン放送交響楽団の演奏

この番組、バイエルン放送響の秘蔵放送音源を突然放送するので見逃せません!

ですが、アーロノヴィチ、知らん(爆)。オケ良し、指揮者良しな演奏。物凄く風景が見える。この曲はセルのようなかっちりした演奏も良いですが、良く見える演奏がやっぱ良いですね。ホルンはおそらくリツコフスキーが吹いてる。2曲目のコールアングレが出てきてからの感じが指揮の森口さんの解釈に近いのでは、と思ってます。私はまったりした昼下がり、遠くで明晰な角笛が聞こえる、位に考えてましたが、どうやら角笛自体もまったり気味、なほうが今回の棒だと良いような気が。

DSCN5873.JPG
あっという間に正月もおしまい。

DSCN5978.JPG
私の誕生日の様子なんですが、後ろのTV、いったい何が映ってるんだ!?

ブログを書くならBlogWrite
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。