FC2ブログ

Kuehn Style Part2

クラシックのコンサート、ネットラジオなどの感想と、子供たちの成長日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリエール:ホルン協奏曲(バボラク/キタエンコ指揮ベルリンフィルハーモニー)

5/30 (Sun) 3:00-6:00 (20:00-23:00/CEST) RBB Kultur (mp3/wma)
ラデク・バボラーク(ホルン)ドミトリ・キタエンコ指揮ベルリン・フィル
バルトーク:ハンガリーの情景
グリエール:ホルン協奏曲
スクリャービン:交響曲第3番

(ベルリン・フィルハーモニーから生中継)

RBB(自由ベルリン放送)が128k wmaになってるのを発見し思わず録音。音質は・・・全然よくなってねーじゃないか!だったんですが、バボラクに驚愕。もうね、彼以上のホルン奏者はいなかったし、出ないのではないか、という演奏。グリエールの出だし、「遅っ!このテンポで本当に通せるのか?」と思いましたが、少し聴き進めると「これがこの曲の本来のテンポで、今まではブレスの都合で早くなってただけなんだ・・・」という気が。ホルンという楽器もついにヴァイオリンやピアノやチェロと並ぶだけの演奏の自由を獲得したのではないか、という完全でニュアンスに富んだ演奏。当然ながら一発も外してないし、音程がアヤシイところもなく完璧、グリエールで!!「外さない」とか書くのが恥ずかしくなるような、とにかく聴き惚れているうちに終了。

バボラクくん、ゴキゲンに3曲もアンコールをやって帰って行きました。元同僚たちはどんな気持ちで聴いていたんだろうか?

春の来日を完全にスルーしてた自分を激しく叱責するとともに、まだ33歳でしたっけ?機会はいくらでもある、と思うとともに、同じくベルリンフィルを辞めたシェレンベルガーのようになるのか、ゴールウェイのようになるのか、期待と不安が入り混じった微妙な自分に気づかされました。

気になる方は有料ですがDigital Concert HallへGo。確認してませんが多分あります。 

DSCN5353.JPG
親子遠足に行きました。

DSCN5350.JPG
動物と触れ合って、

IMG_1751.JPG
なぜか動物の写真を撮る??、ということになって、

DSCN5363.JPG
お弁当


保育園のお友達としゃぼん玉でひとしきり遊んで、

IMG_1766.JPG
それから国立科学博物館へ

IMG_1771.JPG
ただいま恐竜ブーム真っ盛り

DSCN5392.JPG
ティラノサウルス

DSCN5402.JPG
見入るヒロキ

DSCN5416.JPG
博物館のレストランで食事

DSCN5430.JPG
ヴァイオリンより「どこ押したらホルンは音が変わるの???」に関心があるヒロキ

DSCN5426.JPG
ワタチニモオモチャノピアノサワラセテ、と茜ちゃんアピール中

ブログを書くならBlogWrite
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。