FC2ブログ

Kuehn Style Part2

クラシックのコンサート、ネットラジオなどの感想と、子供たちの成長日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンデルゾーン:真夏の夜の夢(全曲)

9/17 (Thr) 3:00-5:30 (20:00-22:30/CEST) France Musique (mp3)
Amel Brahim-Djelloul(ソプラノ)レナータ・ポクピッチ(メゾソプラノ)セルゲイ・ハチャトゥリアン(ヴァイオリン)クルト・マズア指揮フランス国立管/ラジオ・フランス聖歌隊 
メンデルスゾーン:「フィンガルの洞窟」序曲
メンデルスゾーン:劇付随音楽「真夏の夜の夢」
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
(2009.6.18 サン・ドニ)

英語の語り/朗読入りの全曲版です。はじめて聴きましたが、ストーリーを知らないとちょっとつらい感じ。wikiを見ながらの観賞でしたが、登場人物により声色を変えており巧みな語りでした。このブログに何回か登場したラジオフランスの合唱団ですが、どうやら聖歌隊のようです。彼らの合唱はファンなので、France Musiqueの番組表で名前を見かけると聴くようにしているのですが、今回も良かったです。出番少ないけど。

ちなみに、ヴァイオリンコンチェルトのセルゲイ・ハチャトゥリアン、てっきり有名な作曲家の息子か親戚か何かと思っていたのですが名字の綴りが異なるようで赤の他人とのこと。非常にうまいのですが、1楽章の終りのほうで敢えて(だと思うのですが)汚い音色を使うあたり、好みが分かれそうです。シベリウスやショスタコーヴィチのコンチェルトの録音も良かったので、一度生で聴いてみたい人です。

IMG_1162.JPG
「オベントウ」を覚えたヒロキと近所の大きな公園に。お弁当広げてうれしそうです。

IMG_1167.JPG
セミの抜け殻をキャーキャー言いながら集めたり、大きな木の下で「トトロー!」と言いながらドングリを集めたりしました。最初はセミの抜け殻はヒロキは見つけるだけ、拾って集めるのはパパ専門でしたが、最後は触れるようになってました。

ブログを書くならBlogWrite
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。