FC2ブログ

Kuehn Style Part2

クラシックのコンサート、ネットラジオなどの感想と、子供たちの成長日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R.シュトラウス:歌劇「ばらの騎士」(新日本フィルトリフォニーホールシリーズ定期開幕公演/藤村実穂子他アルミンク指揮新日本フィル)

2008/9/27(土)新日本フィルハーモニートリフォニー定期
R.シュトラウス:歌劇「ばらの騎士」

指揮:クリスティアン・アルミンク
元帥夫人:ナンシー・グスタフソン
オクタヴィアン:藤村実穂子
オックス男爵:ビャーニ・トール・クリスティンソン
ゾフィー:ヒェン・ライス 他
A席3F1列 託児あり

2008/09シーズンがいよいよ開幕。いままでアルミンクにはだまされ続けた訳で、一抹の不安を抱えながら会場に向かいましたが・・・最高でした!終幕後のありえないくらいの凄まじい拍手とブラヴォーが今日の出来を物語っていたかと思います。いやー凄かった。

まずは歌手陣。こんなに穴がないのはオペラとしてあるまじき出来事!特にオックス男爵は顔といい体形といいイメージのままで、「他の役歌えるんだろうか?」と余計な心配をしてしまうほど(多分ザラストロ@魔笛なんかもできそうですが>まったくプログラム読んでないので知らないだけ)。もちろん歌も最高にすばらしく、本日のMVPといっても過言でないと思います。またオクタヴィアンの藤村さんは、正確かつ声量豊富(冒頭の歌い始めであまりの豊かな声にビビッタ)なだけでなく、ゾフィーとの二重唱で声質やバランスをたくみにコントロールしちゃうあたり只者ではない、さすがはバイロイト常連のわが国を代表する歌手でした。そうそう、今回の歌手陣、ヴィブラートで音程ごまかすことが一切なかったのが私好み。あと、代役のゾフィーも最高に良かった。正直森麻季なんかが歌うよりも全然良かったと思う。外見もゾフィーっぽかったし。とにかく全員ブラボーで2幕の二重唱、3幕の三重奏で思わず目に汗をかいてしまった。

次にオケと指揮。吉永さんを中心とするホルンセクションが、あたかもドレスデンのオケのような色気を醸し出しており(ダムよりは音が暗かったけど)、常に歌があり、2幕の二重唱、3幕の三重唱でのホルンソロもさることながら、その他何気ない場面での、心地よいヴィブラートを使った暖かい音色に魅了されました。それにしてもこの難曲を難なく(そういえば序曲で2,4番が落ちた気がするけど)こなしていたのにはビックリ。昨年の東フィルは良かったとはいえ組曲にも出てくる3幕最後のオックス退場前の場面の見せ場はホルンセクションはヘロヘロでしたからね。あとはオーボエ&ファゴット&トランペットも秀逸でした。ただ、これだけの演奏しときながら他の団員も盛り上がる中、吉永さん(と箱山さん)だけ演奏後ムッツリとしてるのは非常に頂けなかったです。早く帰りたい感丸出しのあの態度には感銘を削がれました。ピットの中ならともかくステージ上だし客商売なんだからもうちょっと考えろよ、と。小さいことですが。ちなみにこの前のベト2でアルミンク&新日フィルの評価がマイナス圏を脱してプラスマイナス0となったのですが、ウィークポイントだった金管のつなぎ役として重要なトロンボーン首席も圧倒的に強化され、オケ全体としての機能が格段にアップした気がします。いつもこのくらいやってくれれば定期会員になっても良いかも。アルミンクもこの作品への思いが伝わる指揮で(あまり彼の棒からそのようなことを感じたことがない)好感が持てました。もうちょっとバトンテクニックがあればワルツでの遊びが本当の遊びになる、とも思いましたが、ラストに向けてどんどん音楽が繊細さを増しながらギュッと凝縮していく感じを作れてたのは素晴らしかったです。そういえば歌手のアルミンクいじりも良かったですね。

最後に演出。うわさになってるほど悪くなかったと思います。天使二人は確かに意味不明感漂ってましたが邪魔ではなかったし、シンプルながら効果的なセットと照明だったと思います。強いて言えば最後の三重唱の立ち位置が気に食わなかったですが。

やっぱ、薔薇の騎士は最高ですね。バラの騎士一発オペラオケってないですかね?あってもホルントップは競争率凄く高そう(オーディションなんかあったら即死しそう)ですが。。。


DSCN2751.JPG
トーマス大好き。真剣に遊んでます。

DSCN2749.JPG
うまくできたので立ち上がって拍手??

ブログを書くならBlogWrite
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。