FC2ブログ

Kuehn Style Part2

クラシックのコンサート、ネットラジオなどの感想と、子供たちの成長日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェルディ「アイーダ」@新国立劇場

2008年3月29日(土) 新国立劇場開場10周年記念特別公演
ヴェルディ:歌劇「アイーダ」

指揮:リッカルド・フリッツァ
演出:フランコ・ゼッフィレッリ
アイーダ:ノルマ・ファンティーニ
ラメダス:マルコ・ベルティ
アムネリス:マリアンナ・タラソワ
東京交響楽団、新国立合唱団
14:00開演 新国立劇場 4F L8列-5

いまや前世代の遺物ともいわれる超豪華絢爛ゼッフィレッリ演出の新国立劇場のアイーダ再再演。日本人の勤勉さで完璧に仕上がったと本人もお気に入りだったらしい。舞台装置、演出の凄さはミラノスカラ座やMETなんか目じゃない、という話だったので超期待しつつ会場に向かう。

s08-03-29_16-07.jpg
素晴らしかったです!

ラダメス、アイーダが最高。ラダメスのベルティが最初から飛ばす飛ばす!パヴァロッティ系の脳に直接震動が響く系のテノールです。このような声を生で聴くと無条件に(・∀・)イイ!と思うように人間は出来てると思います。対するアイーダのファンティーニは表現力が素晴らしい。2人とも全く不安のない安定した歌唱。最後の場面、本当に二人は墓の中で死ぬんだ、と思わせてくれた力のある歌。2幕2場以降おまけになることが多いアイーダですが、3幕から4幕のドラマが本当に良かった。アムネリスのタラソワも歌唱力ではこの2名に劣りますが、熱唱&熱演でした。

合唱は相変わらずワールドレベル。pの中での表現の幅が広く、単純な喜怒哀楽にとどまらない複雑な感情を表現しきってました。

オケは東響。安定感はいつもピットに入っている東フィルより圧倒的に上。金管に一切不安が無いのが凄い。随所で管楽器の積極的な表現が目立ってました。が、弦楽器の歌や間は東フィルのほうが良いな、と思って聴いてました。縦の東響、横の東フィルと言ったところでしょうか。

指揮のフリッツァは、即興的、かつ強引なドライブで観客を惹きつけるタイプ。ところどころで「あっ!」という表現を行い、それらが非常に効果的、かつ終わってみれば必然だったかの様。最弱音から強奏まで意志を持ってコントロールしてました。ただ、至る所で歌手に棒を見ることを強要するのはやめてほしかった。一部で棒立ち&歌手の向いてる方向に意味がない場面がありました。

最後に演出。ありえないくらい豪華。幕が開いたとたん、客席から「すごい・・・」という声が洩れてました。オペラグラスで眺めてみましたが、壁画から布切れ一つまで、博物館から本物を持って来たように精巧に作られていました。

セットと光を組み合わせによる目線と印象コントロールが驚異的。奥行きを見せるのか、横の動きを見せるのか、一点に目線を集中させるのか。エジプトの砂っぽい空気感を出すための舞台最前面の薄いロールスクリーンのような幕が効果的。その幕との相乗効果での照明効果がこれまた素晴らしい。単純なスポットライトはひとつもなく間接照明的に浮かび上がらせる。本物の火も登場。衣裳の色遣い、色に意味を持たせるのも見事。一つ一つが後になって考えると意味があるんだと驚愕。

噂の2幕2場はありえない数のエキストラ、完璧な合唱、10本もそろったアイーダトランペットが、計算されつくした動きを通じて凱旋の兵士や群衆の心理を見事に表現。最後全員が正面の向いたときは思わずぞくっときました。演出と音楽のリンクも完璧でしたね。戦利品の一つ一つが精巧に作られており、それらがあっという間に部隊を通り過ぎ去ってしまう贅沢さ。さらに本物の馬も2頭登場し、うち一頭の葦毛は登場時間10秒程度で1回のみ、もう一頭の白馬は葦毛と一緒に登場+ラダメスを乗っけて最後に登場。ラダメス役の人、乗馬スキルあるんだ、と妙なことに関心。下馬する時ちょっと危なっかしかったけど(笑)。

フライング拍手もなく(させない、という指揮者の気合が上回ったか)、カーテンコールもいっぱい。今日はよほどうまく行ったのか、特にアイーダ役のファンティーニはガッツポーズ、ジャンプ、投げキッスと喜び爆発させてました。

これぞオペラ!現代的な演出も良いけど、たまにはこういうのを観たい!前世代の遺物なんて言わないでほしい。そして5年に一回と言わず隔年くらいでやってくれないですか>新国立劇場様

sImage397.jpgコーラ缶事件以降積み上げ好きなヒロキ。こんなに積めます!
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。