FC2ブログ

Kuehn Style Part2

クラシックのコンサート、ネットラジオなどの感想と、子供たちの成長日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビゼー:歌劇「カルメン」

2008/2/24
03:30-07:15 19.30-23.15 NL_Radio4 Bayern4 DR_P2 SRP2 NRK NRK_P2 BartokRadio Polskie2 RadioSlovenia HR3 18.30-22.15 BBC3 Antena2 13.30-17.15 WCLV WUGA WGUC RadioCanada 12.30-16.15 WFMT MinnesotaPublicRadio KUHF 11.30-15.15 KUAT 10.30-14.15 KUSC KWAX 他、各全米放送局
ビゼー: 歌劇「カルメン」 (全四幕)
ナンシー・ファボイラ・ヘレイラ(Ms/カルメン)、マルチェロ・アルヴァレズ(T/ドン・ホセ)、ルチオ・ガッロ(Br/エスカミーリョ)、クラッシミラ・ストヤノヴァ(Sp/ミカエラ)、メトロポリタン歌劇場合唱団
エマニュエル・ヴィヨーム指揮メトロポリタン歌劇場管弦楽団
2008年2月23日 ニューヨーク、メトロポリタン歌劇場より生中継

先週末はオペラ好き&ネットラジオ愛好家としては、なかなか見逃せない夜でした。METのカルメン、ウィーンのコシ・ファン・トゥッテ、ジュネーヴのシンデレラの3本立て。状況が状況なんで、どれもちゃんと聴いてはいないのですが、超有名作品なのに何故か全曲盤音源を聴いた記憶があまりない「カルメン」だけはつまみ食い気味に聴いてみた。

カルメン役がいまいち、エスカミーリョも好みとは違う、ホセは無難、ミカエラが良い、という感じだが、やはりビゼーというのは天才的メロディーメーカーですね。ただし同じメロディメーカーであるチャイコフスキーやドヴォルザークほど計算されていない感じで、巨大な組曲のように美しいメロディーが次々と、しかし断片的に流れていき、使い捨てられていく。なんというか、コントレックスを歯磨きのうがいに使うような勿体無さ、潔さ。

コシ、シンデレラ、あと小澤パリオペラ座のタンホイザー、オペラだけでもこんなにほぼ未聴が溜まってる。。。

sDSCN1313.jpgついに釧路のおばあちゃんも帰ってしまい、家が無駄に広く感じます。ヒロキは思い出したように玄関にばあちゃんを探しに行ってるようです。aもダウン気味で本日は9時前に帰宅したのにみんな寝てました。。。

sDSCN1310.jpg土曜日、わざわざ名古屋から来てくれたN氏とヒロキ
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。