FC2ブログ

Kuehn Style Part2

クラシックのコンサート、ネットラジオなどの感想と、子供たちの成長日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ホルン吹き】さらに進化したブラトコヴィチ【必聴?】

2008/1/26 04:02-06:45(現地前日20.02-22.45) NL_Radio4 Avondconcert(AVRO)
R.シュトラウス: メタモルフォーゼン AV.142
同: ホルン協奏曲第2番 変ホ長調 AV.132
アルヴォ・ペルト(b.1935): フラトレス (1977)
ショスタコーヴィチ(バルシャイ編): 室内交響曲 作品83a

ラドヴァン・ヴラトコヴィチ(Hn)
ハルトムート・ヘンヒェン指揮オランダ放送室内管弦楽団
2008年1月25日 ユトレヒト、フレーデンブルフより生中継

オランダのRADIO4にて。RADIO4のホームページ(ここをクリック)から画面左のメニューの「uitzending gemist」をクリックし、表示された画面右の「uitzending_gemist」で「radio4」と「Vrijtagavondconcert(De vrijtag)」で1週間オンデマンドで視聴可能です。

この人のR.シュトラウスのコンチェルトのCDが大好きで毎日聴いてた時期がありました。そのCDの演奏よりも数段進化してます。音色、表現の多彩さ、自然さ、すべてが素晴らしいです。アンコールの現代曲も素晴らしい。

フランク・ロイドやペーター・ダム(もう引退した?)と並び、いま一番音楽家として素晴らしいホルン奏者の一人と思います(ちなみにホルン奏者として凄いのは、リツコフスキー、バボラク、ドールと思ってます)。

sDSCN1027.jpgネクタイ遊び中。ネクタイを首に巻くのが好きなようです。

sDSCN1016.jpg最近とても寒いのに外出好きです。
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。