FC2ブログ

Kuehn Style Part2

クラシックのコンサート、ネットラジオなどの感想と、子供たちの成長日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライハイト交響楽団第23回演奏会

コンサート宣伝です。

ストラヴィンスキー/バレエ組曲「火の鳥」(1919年版)
ラフマニノフ 交響曲第2番 ホ短調

日時:2007年8月4日(土)18:30開演
会場:すみだトリフォニーホール
指揮:井崎 正浩

ロシア系作曲家による2曲。火の鳥はロシアバレエ団のディアギレフに見出された無名のストラヴィンスキーが書いた最初のバレエ音楽。モダンジャズの走り、ビバップの生みの親、チャーリー・パーカーは常にこの曲のスコアを持ち歩いて、その革新的な和声の研究をしていたとの話もあり、クラシック界にとどまらずジャズ界にまで影響を与えた不朽の名曲。すごく難しいけど・・・

ラフマニノフは1Qやってた菅野美穂主演のフジテレビ系ドラマ「わたしたちの教科書」でBGMとして延々とかかってた曲。メロディーメーカー、ラフマニノフの美しく切ない旋律が全編満ち溢れている。壮麗なフィナーレも素晴らしい!

チケット希望の方はコメントを下さい。当日引き換えで用意します。




脳内メーカーでヒロキの脳内と能力を試してみた。

sIMG_1401.jpgこの笑顔の裏に何が!!?
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。