FC2ブログ

Kuehn Style Part2

クラシックのコンサート、ネットラジオなどの感想と、子供たちの成長日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪と悪寒とハイドン(交響曲第27,28,31番)

amazon.co.jpで購入

ナクソス・ミュージックライブラリーで聴く

F.J. ハイドン FRANZ JOSEPH HAYDN
交響曲第27番 ト長調 Hob.I:27
交響曲第28番 イ長調 Hob.I:28
交響曲第31番 ニ長調 「ホルン信号」 Hob.I:31
Nicolaus Esterhazy Sinfonia
Bela Drahos, conductor


本格的に風邪ひいたらしい。なんせタバコが不味い。身体の節々が痛く意識も朦朧。熱も中途半端にある。どうせなら39℃くらいまで行ってしまえば気が楽なのだが、会社は休んだ。そんな今日は、ナクソスミュージックライブラリーでハイドンの交響曲を片っ端から垂れ流し。モーツァルトだとそのまま天に召されそうな体調であるが、ハイドンは現世にとどめてくれる。中期以前の交響曲は、形がいびつだったり、コンチェルトグロッソばりにソロがいろんな楽器に出てくるところが面白い。弦楽器のトップはウホッ!なんだろうな。ちなみに交響曲6番「朝」や交響曲82番「クマ」なんかもよかった。これはまた今度。

sSANY0002.jpgヒロキよ、そんな無邪気な笑顔を向けないでくれっ。うつるから側によるのを自粛してるんだよっ ウワアアン(´Д`)ノ.
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。