FC2ブログ

Kuehn Style Part2

クラシックのコンサート、ネットラジオなどの感想と、子供たちの成長日記

シューベルト:八重奏曲(P.モラゲス率いる?ムローヴァアンサンブル)

amazon.co.jpで購入

ナクソス・ミュージック・ライブラリーで聴く

シューベルト:八重奏曲ヘ長調 D.803
ムローヴァ・アンサンブル

ヴィクトリア・ムローヴァ(第1vn)
エイドリアン・チャモロ(第2vn)
エーリヒ・クリューガー(va)
マヌエル・フィッシャー=ディースカウ(vc)
クラウス・シュトール(cb)
パスカル・モラゲス(cl)
マルコ・ポスティンゲル(fg)
グィド・コルティ(hr)

ラフマニノフばかり聴いてて頭がおかしくなってきたのでシューベルト。

ムローヴァが1994年に結成しツアー等で活動しているアンサンブルらしい。聴く前はムローヴァのヴァイオリンに注目していたが、パスカル・モラゲスのクラリネットがスゴすぎ。途中から完全に耳がクラリネット方面に。透明で明るく密度の濃い輪郭のはっきりした音色と変幻自在のアタックの表情は絶品。モラゲス木管五重奏団でも凄いと思ったけど、このCDでは神の領域。アンサンブルの主導権はモラゲスが持ち、ムローヴァが乗る/修正するという構図でアンサンブルとしても面白い。この曲のファーストチョイスになるかも。ただしホルンだけはブラトコヴィチが吹いている盤がNo.1だけど。

sSANY0009.jpg脱ぐと意外にスリム!?なヒロキ。ちなみに昨日の夜から風邪をひいてしまいヒロキに接近できません。
前のページ 次のページ