FC2ブログ

Kuehn Style Part2

クラシックのコンサート、ネットラジオなどの感想と、子供たちの成長日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストラヴィンスキー「火の鳥」聴き比べ

ラッパ吹き&ヴァイオリン弾き夫婦から「火の鳥」の紹介依頼が本館掲示板にあったので。

私が知っているだけで火の鳥には3つのバージョンがあります。説明はここのサイトが詳しいです(どうやら1945年版というのもあるらしい)。

今回の依頼はおそらく1910年全曲版が対象だと思うんですが、ついでなんで我家のすべての演奏を聴いてみました。

1910年版(全曲)
・デュトワ指揮モントリオール交響楽団(CD)△
・ブーレーズ指揮シカゴ交響楽団(CD)◎
・ブーレーズ指揮クリーブランド交響楽団(ogg)○
・ゲルギエフ指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団(DVD)◎

1911年版
・ブーレーズ指揮BBC交響楽団(CD)△

1919年版
・バーンスタイン指揮イスラエルフィル(CD)△
・チョン・ミョンフン指揮パリオペラ座管弦楽団(CD)◎
・アバド指揮ロンドン交響楽団(CD)◎
・ロバートソン指揮ニューヨークフィルハーモニック(RealAudio)珍○ 続きを読む
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。