FC2ブログ

Kuehn Style Part2

クラシックのコンサート、ネットラジオなどの感想と、子供たちの成長日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新日フィル/アルミンクのマーラー「復活」

9/16(金) 新日本フィルハーモニー交響楽団
トリフォニー・シリーズ 第390回定期演奏会 第一夜
アルミンク指揮、栗友会合唱団他


クルターク(1926-) シュテファンの墓碑 作品15c
マーラー 交響曲第2番ハ短調「復活」


今度所属オケで復活をやるということで、先日聴きに行ったこのコンサート。印象に残ったのは前プロのクルタークの作品。クルタークという作曲家は初めて聞きましたが、ルーマニアのマジャール人居住区で生まれブタペストに移住。その後パリに留学しメシアンとミヨーに作曲を学んだ、とプログラムにあります。なお曲名に冠せられた「シュテファン」とは、作曲者のパリ時代の芸術心理学の師の名前らしいです。

ウェーベルンのような限られた禁欲的な音の使い方、メシアンをイメージさせる管楽器の響きの重なり合い、そしてお経のような拍節感のないガムランの使い方が非常に印象的。新日フィルは全曲を通じほとんどppであるこの曲を、緊張感を持って描いており、見事な心象風景を描かせてくれた。本当に予想外の掘り出し物にあたった感じで、気分よく休憩に入れました。

休憩を挟んで目的の「復活」。アルミンクはなかなか個性的で意思を持った解釈をしていました。1楽章の聞いたこともないくらいの速いテンポ、しかも楽譜にある以外はアゴーギグを極力とらない解釈、全体的にバランス重視で控えめな音量、4楽章と5楽章をアタッカにしなかったところなどが印象的。

総じてバーンスタインに代表されるユダヤ系マーラーと極力遠いポジションに置きたいという意思が感じられた。ティルソン=トーマス風味とでも言おうか。私個人的にはこのアプローチでの名演を前述のティルソン=トーマス(サンフランシスコのオケが神!)以外聴いた事がないこともあり、好みではない。今回もなんと言うか、全曲終わったときに非常に醒めているという感覚でした。復活はいろんなオケで吹いたし思い出のある曲なのでもっと盛り上がるかと思っていたのですが。。。

一方新日フィルは、弦楽器はそうとう健闘しておりブラボーでした。

しかしながら木管は個人の表現欲が前に出すぎており意識が統一しておらず、結果として客席に伝わるものは少ないという印象。特にオーボエ、クラリネットにはがっかり。フルートは空回り気味。技量はあるのにプロのやっつけ仕事か?という印象を受けました。自分たちがステージに乗っていてもこのホールは木管が難しい(音が通らないというか倍音が消える感覚がある)ので、そこを差し引いて考えなければならないのかもしれませんが。。そんななかでアングレとEsクラとソロのときの1stファゴットはナイスでした。

そしてホルンはトップのI氏が最初絶不調でことごとくGとHをはずす有様。しかし3楽章をうまく使い曲の中で調子を調整したのはさすがプロという感じ。その後は絶好調でベルアップもキマッていた(自分で演奏する時はベルアップするつもりなかっのですがキマルとかっこよいですね>指揮者の指示があったらやろうかな)。

あれっ、と思ったのはバンダの出入りを楽譜と変更し、最初の入りと出はなくし、最後入ってくるところも本来の位置の後ろにずらして音量の補強のみに徹していたところ。そういう解釈があるのか。。

あとハイFまで行くところは下手のホルンに、オプション指定のあるトランペットを重ねていたが、ホルンと分かれて上手にいたせいか音程が・・・重ねるなら上下分かれるのは難しいですね。

トランペットは1楽章最後の2ndの見せ場で派手にやってしまい、5楽章のユニゾンのハイトーンも決まらないという状況。しかし、この2箇所以外は特に1stのソロには光るものがあり、特筆すべきなのはpが非常に美しかったこと。ただ、本来舌を突くべきところでつかず安全運転をしているという印象もあり(全曲徹底してコラール系のソロはノータンギングだったのでひょっとして指揮者の指示か?)。

なおトランペットのバンダはブラボーで、特に中に入ってからは中のラッパをかき消さんばかりの勢いで吹いてくれて、おかげさまで私の欲求不満は若干解消させてくれた。

トロンボーンのY女史を始めそもそも不調のご様子で、5楽章コラールも出がバラバラでいまいち決まらず。チューバのみ終始安定していた。そういえば3楽章の頭で1stティンパニと2ndティンパニの音程がぜんぜん違っていてびっくり。頼むからちゃんとチューニングしてくれ。1stの打ち込み自体は凄く決まっておりナイス!とはいえ、5楽章の最大の音量までcresc.と注釈がある打楽器のロールのところがさくっとしていたのは個人的には不満。ホールが揺れる位cresc.して欲しかった。

というわけで、5500円出したにしては不満というのがトータルの感想。

他の人はどう思っているのかと思いネットを探したところ、いろいろ感想がありましたのでご紹介。

大豆の語る室さまは私と比較的似た印象かと。

こちらのブログも同じ方向か?

4文字33行さまは海外オケの実演と比べても良いとの評価。ひょっとして第2夜のほうがオケの状態がよかったのか?

「ぷ。」のぶろぐさまは、なんというか醒めてます(笑)他の記事も拝見したところ、職業でプロオケのプログラムの解説を書かれている方とのこと!

最後につぶやき と ためいき の あいださま。同じオケの方のブログ。「ぷ。」のぶろぐさまと同じ方向の評価で好評です。確かに聞いている途中から演奏したくてうずうずしたくなりました。

10/10追加
他にもこの演奏会を取り上げているサイトを見つけました。
Internet Zone::Movable TypeでBlog生活様。私の周りの客の質も悪かったです。そこのおやじ、勝手に空いている席に座ってんじゃねーよ。

そして、shimaっていこう様。ええ、私も直ぐに席を立ちたくなりました。盛り上がっているお客さんもいたの遠慮しましたが。

これから年末にかけていくコンサートは以下の通り。随時感想アップします。 続きを読む
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。