FC2ブログ

Kuehn Style Part2

クラシックのコンサート、ネットラジオなどの感想と、子供たちの成長日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白鳥の湖」聴き比べ

以前「悲愴」聴き比べでも書きましたが、7月23日にすみだトリフォニーホールで私が所属するフライハイト交響楽団の演奏会があります(チケット希望の方は、本館掲示板にでも書き込みしてください)。今回は私がトップを吹く白鳥の湖について。

日 時:2005年7月23日(土)18:30開演
会 場:すみだトリフォーニーホール
指 揮:森口 真司
曲 目:チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」
チャイコフスキー/「白鳥の湖」より抜粋
チャイコフスキー/イタリア奇想曲

我家にある白鳥の湖のCDは全曲2枚と抜粋1枚の計3枚。

カラヤン指揮、ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
コレについては、以前の記事参照。抜粋版しかないのが本当に残念な華麗を極めた演奏。

小澤征爾指揮、ボストン交響楽団
amazon.co.jpで購入

非常に洗練された音色、バランス、テンポのオーケストラの技術的には完璧な演奏。非常にシンフォニックで交響曲を聴いているようでありながら流れもある。生で聴いたら恐らく卒倒するくらい感動しそう。白鳥の湖の演奏のひとつの完成形とも言える(この方向性ではデュトワの演奏もよさそうなので聴いてみたい)。だが個人的にはちょっと物足りない。スヴェトラーノフの演奏を知ってしまったからか。

なお、巷で名演奏とされているボニングは楽譜と違う音が聴こえてくる(要は間違ってる)ちょっとやばい演奏ですのでご注意を。

スヴェトラーノフ指揮、ソビエト国立交響楽団
amazon.co.jpで購入

白鳥の湖の常識を覆す、反則ともいえる演奏。小澤の演奏と同じく非常にシンフォニック、かつ構成力に優れ、この曲が以外に古典的なフォルムを持つことを示しつつ、強力なベースラインの上に、テクニック満点な弦楽器と木管、金管の咆哮が加わり、パーカッションが止めを刺す。スケールのでかさはNo.1で今後もこれを越える演奏は出ない気がする。

曲だけ聴いていると1幕、2幕は冗長な感じがする白鳥の湖にあって、この演奏は飽きさせない何かがある。特にコンマスのソロは秀逸。色気には程遠いスタイルの演奏なのに、不思議なことにワルツは非常に優美。3幕から怒涛のフィナーレは猛烈に感動する。おすすめ。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。