FC2ブログ

Kuehn Style Part2

クラシックのコンサート、ネットラジオなどの感想と、子供たちの成長日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らない曲を聴いてみる〜フランツ・シュミット 交響曲第4番

ズービン・メータ(指揮)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 他
amazon.co.jpで購入

クラシックの場合、演奏者による解釈の違いを楽しむという聴き方もあるため、自然と聴く曲が偏ってくる、なんてことがあるかと思います(私だけ?)。ということで、しばらく知らない曲を聴いてみることにしてみました。

このフランツ・シュミットの交響曲ですが、非常にロマンティックで耽美的な曲想であり、トランペットのソロに始まりトランペットに終わるというなかなか魅力的な曲です。何となく流しておくと突然気になるフレーズが耳に飛び込んでくる、そんな感じの曲です。どうやら作曲者はチェロ奏者らしく、途中で長大なチェロのソロがありこれまた素晴らしい。メータ指揮のウィーンフィルも集中した熱演を繰り広げているのが分かります。
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。